> web制作 > webサイト制作について

webサイト制作について

webサイト制作画面

webサイトがあればアクセスが自然に上がる、売上が上がるなんていう事はほとんどありません。

webサイトが出来上がればお客さんがどんどん来て、売り上げが自然と上がると思われている方がいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。

何もしなければ見つけてもらうことすら困難となります。

webサイトは実店舗と同じです。

人通りの多いメインストリート沿いにお店を建てれば、開店から間もなくお客さんが来る可能性は高いでしょう。

しかし、webサイトに関してはこれがほとんど当てはまらず、いわば複雑な路地の奥にお店を建てるようなものです。

作っただけでは見つけてもらうことがほぼ不可能なのです。

では、そんなお店にどうやってお客さんを呼びますか?

チラシ、雑誌、CM、SNS、ビラ配り、親しい友人や親戚に言うなど、様々な手を尽くすでしょう。

一方webサイトは?

作ったままで全く更新していない、他愛もない日常のことばかりアップして更新した気になっている。

このような状況に心当たりはありませんか!?

webサイトは作ってからが本番であることを肝に銘じて下さい。

制作費だけじゃない、見過ごされがちな運用費

webサイトは制作費のみならず、毎月運用費(ランニングコスト)がかかります。

つまり、作って終わりではなく、その後もずっとお金がかかることになります。

ここで重要となるのが「目的」です。

目的に利益化を含むのであれば、売り上げが運用費を上回らなければなりません。

「作りました。何もしていません。」では、赤字が続くことになります。

webサイトを作るということは、責任が伴うことを認識しなければなりません。

webサイトは目的をもって作る

webサイトを作る目的は何ですか?

webサイトを作る際には、必ず目的を持って作って下さい。

「webサイトを作ってどうしたいのか。」

これがなければボンヤリしたものに仕上がってしまい、成果が上がらず、途中で作り直しや、最悪閉鎖ということにもなりかねません。

そしてゴールを決める

インターネット分野ではコンバージョンという言葉がよく使われます。

コンバージョンとは、webサイト上で得られる最終的な成果を指します。つまり、これが「どうして欲しいのか」に当たります。

ショッピングサイトであれば購入していただく、webサイト制作会社であれば制作依頼をいただく、ハウスメーカーや工務店であれば建築契約をいただく、ケーキ屋さんであれば実店舗に来ていただく、企業が取引の際に自社の会社概要を見ていただく等、「どうして欲しいのか」には様々なケースがあります。

「どうしたいのか」、「どうして欲しいのか」をはっきりさせることによって、どのような構成で、どのようなデザイン・技術を用いたwebサイトが必要なのかを決定します。

簡単なように思うかもしれませんが、意外と定まっていない方が多いように思います。